TOPICS

  • お知らせ着差数値.comは、2015年12月31日でサービスの提供を終了しました。

HOME > 着差数値コラム > 過去4年、数値6位以内のワンツースリーが2回。宝塚記念は着差数値で穫れる!

着差数値コラム

過去4年、数値6位以内のワンツースリーが2回。宝塚記念は着差数値で穫れる!

キズナやジャスタウェイ、エピファネイアなどが不在で、真の最強馬決定戦とは言い難い今年の宝塚記念。とはいえ、そのぶん番狂わせが起こる可能性もあり、馬券的には楽しめそうだ。ゴールドシップ、ジェンティルドンナ、ウインバリアシオン、メイショウマンボあたりに人気が集まりそうだが、はたして食指をそそる伏兵の存在も…。

この宝塚記念、着差数値とはなかなか相性がいい。過去4年の結果は以下の通り。

2010年
1着ナカヤマフェスタ<8番人気> 17位(数値15.0)
2着ブエナビスタ<2番人気> 1位(数値-1.0)
3着アーネストリー<3番人気> 3位(数値0.7)

2011年
1着アーネストリー<6番人気> 6位(数値2.7)
2着ブエナビスタ<1番人気> 1位(数値-2.5)
3着エイシンフラッシュ<3番人気> 2位(数値0.0)

2012年
1着オルフェーヴル<1番人気> 6位(数値4.3)
2着ルーラーシップ<2番人気> 4位(数値4.0)
3着ショウナンマイティ<6番人気> 1位(数値1.3)

2013年
1着ゴールドシップ<2番人気> 3位(数値0.7)
2着ダノンバラード<5番人気> 8位(数値6.3)
3着ジェンティルドンナ<1番人気> 4位(数値2.5)

 過去4年のうち、2011年と2012年は、着差数値6位以内の馬がワンツースリー。6番人気1着のアーネストリーや、同じく6番人気3着のショウナンマイティもきっちり拾えているあたり、頼もしい限り。数値1位馬の連対率は50%、複勝率は75%。馬連・馬単にしても、3連複・3連単にしても、軸は素直に数値1位馬でいいだろう。

 オススメの買い目は、数値1位→2~6位の馬連、または馬単裏表勝負。保険として、同じ流しのワイドも押さえておけば万全だ。人気薄が上位6位以内に何頭か入ってくるようなら、3連複の6頭ボックスもおもしろそうだ。

 この春、馬券に泣いた人も笑った人も、終わり良ければすべて良し。着差数値で春をビシッと締めくくろう!

着差数値コラム・バックナンバー一覧