TOPICS

  • お知らせ着差数値.comは、2015年12月31日でサービスの提供を終了しました。

HOME > 着差数値コラム > 【安田記念】過去4年、4位と7位が大活躍。2ケタ人気馬の激走も見抜ける!

着差数値コラム

【安田記念】過去4年、4位と7位が大活躍。2ケタ人気馬の激走も見抜ける!

 ドバイ圧勝のジャスタウェイの走りに注目が集まる安田記念。そのドバイは数値に反映されないが、天皇賞(秋)、中山記念と圧巻の競馬で連勝中だけに1番人気は確定、そしておそらく、着差数値でも最上位の評価を受けているはず…。はたして、安田記念において数値1位の信頼度はいかほどなのか。さっそく過去4年の結果を振り返ってみよう。

2010年
1着ショウワモダン<8番人気> 2位(数値3.3)
2着スーパーホーネット<6番人気> 7位(数値6.0)
3着スマイルジャック<5番人気> 4位(数値5.3)

2011年
1着リアルインパクト<9番人気> 13位(数値6.7)
2着ストロングリターン<1番人気> 1位(数値1.7)
3着スマイルジャック<3番人気> 7位(数値4.0)

2012年
1着ストロングリターン<2番人気> 2位(数値2.3)
2着グランプリボス<13番人気> 10位(数値9.0)
3着コスモセンサー<15番人気> 4位(数値3.3)

2013年
1着ロードカナロア<1番人気> 4位(数値0.5)
2着ショウナンマイティ<3番人気> 7位(数値2.0)
3着ダノンシャーク<12番人気> 7位(数値2.0)

 さて数値1位だが、過去4年で連対したのは2011年のストロングリターンのみ。ちなみに1番人気の連対も、そのストロングリターンと昨年優勝のロードカナロアの2頭で、対象が過去4年とはいえ、その確率は2分の1。まぁ、2分の1でジャスタウェイを消しとするのはあまりにも無謀だが。いずれにしても、昨年を除く3年で1位か2位が連対していることから、軸馬候補は数値上位2頭から選ぶのが正解だろう。

 ほかで注目したいのが、4位と7位の活躍だ。3着以内でみれば、過去4年4位は3頭、7位は4頭(昨年は7位タイが2、3着)が馬券に絡んでいる。着差数値が推奨している買い方は、軸流しの場合、相手は2位~7位まで。ちなみに、昨年12番人気で3着に入ったダノンシャークも、着差数値では買い目圏内の7位。目数は増えるが、今年も7位は絶対に押さえておいたほうがよさそうだ。

過去4年、2ケタ順位馬の激走も2回あり、そうなると正直、お手上げ状態だが、逆に2010年ショウワモダン(8番人気)、2012年コスモセンサー(数値4位)、2013年ダノンシャーク(12番人気)など、普通なら手が出ない穴馬たちを、あっさりと捕まえてきた実績もある。総括すると、オススメの買い目は推奨通りの1位(2位)→2位(1位)~7位流し。馬単、3連単の場合は、裏も忘れずに抑えたい。

着差数値コラム・バックナンバー一覧