TOPICS

  • お知らせ着差数値.comは、2015年12月31日でサービスの提供を終了しました。

HOME > 着差数値コラム > 人気を問わず、過去4年で3勝の実績。ダービーは数値4位から馬連・馬単で勝負だ!

着差数値コラム

人気を問わず、過去4年で3勝の実績。ダービーは数値4位から馬連・馬単で勝負だ!

 いよいよ3歳馬たちによる頂上決戦・日本ダービー。人気は、皐月賞上位3頭に紅一点レッドリヴェールを加えた四つ巴といったところだが、正直、どの馬も一長一短。オッズの割れ方次第では、上位人気馬同士の決着でもそこそこおいしい配当が期待できそうだ。

 さっそく、過去4年分のダービーにおける着差数値の結果を見ていこう。

2010年
1着エイシンフラッシュ<7番人気> 4位(数値2.7)
2着ローズキングダム<5番人気> 1位(数値0.7)
3着ヴィクトワールピサ<1番人気> 2位(数値1.0)

2011年
1着オルフェーヴル<1番人気> 1位(数値1.7)
2着ウインバリアシオン<10番人気> 6位(数値5.0)
3着ベルシャザール<8番人気> 13位(数値7.7)

2012年
1着ディープブリランテ<3番人気> 4位(数値4.7)
2着フェノーメノ<5番人気> 6位(数値5.3)
3着トーセンホマレボシ<7番人気> 9位(数値6.3)

2013年
1着キズナ<1番人気> 4位(数値3.0)
2着エピファネイア<3番人気> 2位(数値2.0)
3着アポロソニック<8番人気> 8位(数値5.7)


 最大の注目点は、過去4年中3回で数値4位馬が優勝していること。しかも、2010年は7番人気エイシンフラッシュ、昨年は1番人気キズナと、人気を問わない活躍ぶり。1位馬も2010年のローズキングダム、2011年のオルフェーヴルと2連対しているが、軸としてオススメなのは明らかに4位馬だ。

 2010年には波乱の決着を4位→1位→2位で言い当て、馬連、馬単、3連複、3連単のオール万馬券をごっそり的中(3連単は15万馬券!)。その他の年の上位2頭を見ても着差数値上位馬で決まっており、ダービーとの相性の良さは疑いようもない。

 おすすめの買い方は、数値4位馬を軸に馬連・馬単の1位~3位、5位、6位流し。軍資金に余裕があれば、同じく馬連・馬単で1位→2位~6位を抑えておけば完璧だ。

着差数値コラム・バックナンバー一覧